メガネフレーム G.M.S.(ジーエムエス) GMS-815 増永眼鏡 MASUNAGA めがね ボストン コンビネーション 日本のめがね生産の90%以上を占める福井県鯖江市で作られた 昭和天皇献上用のメガネとして生まれたブランド GMS:めがね屋sanドットコム - 0fa36

2020-02-06
カテゴリトップ>メガネフレーム>MASUNAGA(増永眼鏡)メガネフレーム>G.M.S.
メガネフレーム G.M.S.(ジーエムエス) GMS-815 増永眼鏡 MASUNAGA めがね ボストン コンビネーション 日本のめがね生産の90%以上を占める福井県鯖江市で作られた 昭和天皇献上用のメガネとして生まれたブランド GMS
【フレームカラー】
■13:MBR
■23:GH
■34:LG
■49:MBK

【サイズ】
■レンズ横幅:47mm
■レンズ縦幅:42mm
■ブリッジ幅:21mm
■フレーム全幅:137mm
■テンプル長:140mm
■高さ:46mm
■重さ:17g
■メーカー表記サイズ:47□21-140

【素材】
■プラスチック、チタン

【付属品】
■純正ケース

※付属品の内容・デザイン等は変更になる場合もございます。

※商品の画像(カラー)については、モニター等の状況によって、多少の誤差が生じる場合がございます。

※商品はメーカー取寄せとなる場合もございますので、発送まで2〜3営業日前後お時間を頂戴する可能性がございます。
なお、メーカー休業日を挟む場合は、追加でお時間を頂戴致します。

※ご予約商品の入荷予定は前後する可能性もございます。

※在庫状況は流動的な為、すぐにご用意出来なくなる可能性もございます。
その際には一度ご連絡を差し上げますので、ご確認をお願い致します。

※商品はお支払い方法の確認が取れ次第ご用意致します。
(ご入金の場合はご入金確認後のご用意となります。)

※詳しい納期をご希望の方は商品名・お届け希望日等をご記載の上、お問い合わせ下さいませ。

MASUNAGA GMS 増永眼鏡

商品説明分
日本におけるメガネフレーム生産の約90%以上を占める一大産地、福井県鯖江市。その歴史は、明治38(1905)年、創始者・増永五左衛門(増永眼鏡初代)の手によって幕を開けました。以来、増永眼鏡は、産地の旗手として理想のメガネフレームを追求し、徹底して品質と技術の向上に努め、常に自社ブランドの商品作りに磨きをかけてきました。創業より100年以上の時を経た現在でも、素材開発から最終仕上げまでの一貫生産にこだわり続ける姿勢は、変わっていません。GMSは1933年に昭和天皇献上用として生まれた逸品です。「品質第一主義」を継承しつつ、進化を続けるメガネです。

コロンとした丸いレンズで優しい印象をもつGMS-815。テンプルはβチタンで軽く掛け心地もいいです。透明感のあるカラーリング、ブリッジやテンプルの繊細な彫刻がMASUNAGAの仕事の素晴らしさが分かるフレームです。十分レンズの高さがあるので、遠近両用もオススメ。
【ポイント5倍(2月19日20時〜2月28日23時59分)】
価格
37,000円 (税込39,960 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
GMS-815×カラー
カラー
#13 MBRメーカー取寄商品
#23 GH×
#34 LGメーカー取寄商品
#49 MBKメーカー取寄商品
×・・・在庫無し
■度数のお知らせ方法  
■レンズオプション(追加金額)  
■レンズカラー  
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く