S.L.V. エステート カベルネ ソーヴィニヨン スタッグスリープ ワインセラーズ[2015]Stag's Leap Wine Cellars S.L.V. Estate Cabernet Sauvignon 750ml:札幌ワインショップ - 548a3

2019-11-05
カテゴリトップ>カリフォルニア>スタッグスリープ
S.L.V. エステート カベルネ ソーヴィニヨン スタッグスリープ ワインセラーズ[2015]
Stag's Leap Wine Cellars S.L.V. Estate Cabernet Sauvignon 750ml

カリフォルニアワインの黎明期に、その真価を世界に知らしめた元祖スーパーワイン。
スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは1972年、スーヴェラン、ロバート・モンダヴィ・ワイナリーで研鑽を積んだウォレン・ウィニアルスキ氏によって設立されたワイナリー。
設立のきっかけは、ウォレン氏が独立のために畑を探している際に出会ったネイサン・フェイ氏の造ったワインとの出会いでした。
ウォレン氏がそのワインに感銘を受けて、1970年に購入したフェイ・ヴィンヤードに隣接する畑こそが、今や伝説となったS.L.V.なのです。

ファースト・ヴィンテージは1973年。
このヴィンテージのスタッグス・リープ・ワイン・セラーズ・カベルネ・ソーヴィニヨンは、 アカデミー・デュ・ヴァン主催のブラインド・テイスティングにおいて5大シャトーなどの著名なワインをおさえ見事1位を獲得。
「カリフォルニアのワインは、ワインですらない」と言われていた時代にあって、カリフォルニアワインの真価と、銘醸地となりうるのが伝統国だけではないことを世界に知らしめたのでした。

スタッグ・スリープ・ワイン・セラーズは2007年から、ワインスペクテーター誌で2009年ワイン・オブ・ザ・イヤーに輝いたワシントン州のワイナリー、サン・ミッシェル・ワイン・エステーツとイタリアワインを600年に渡り牽引し続ける名門、マルケージ・アンティノリが共同で所有しています。
彼らの技術力が加わり、評価は更に上昇。近年では2013年にはロンドンで行われた ワイン&スピリッツ誌が主催するコンペティションにおいてUSAワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤーを受賞 するなど、スタッグス・リープ・ワイン・セラーズは今なおアメリカのワインをリードする存在であり続けているのです。

<1976年 パリ・テイスティング>1976年5月、アメリカ独立200年を記念して、フランス パリのインターコンチネンタルホテルで行われました。
この試飲会のテーマはカリフォルニアワインVSフランスワイン。
審査員となったのは、レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌の編集長、ボルドー・グラン・クリュ協会事務局長、三ツ星レストランであるラ・トゥール・ダルジャンのシェフ・ソムリエ、そして73年から三ツ星に輝き、上昇レストランとして君臨したタイユヴァンの支配人、ジャンクロードブリナ氏というフランスワイン業界の重鎮が審査員。
フランス人のみの9名の説得力のある審査員がズラリ。
ブドウ品種を揃え赤はカベルネ・ソーヴィニヨン、白はシャルドネで執り行われたテイスティング。
結果は、格付けシャトーやルフレーヴ、ルーロー、ドルーアンなどのフランスのトップ生産者を押しのけ、無名のカリフォルニアワイン(シャトーモンテレーナとスタッグスリープ)が圧勝。
この結果は「パリスの審判(*)」と題され、世界を震撼させました。
当時、「ワインですらない」とさえ言われたカリフォルニアワインが起こした、このセンセーショナルな事件は、スタッグス・リープ・ワイン・セラーズをプレミアムワインの仲間入りさせただけでなく、世界中のワイン生産者が国の垣根を越え切磋琢磨する機会を与え、ワイン産業をよりグローバルなものに変化させました。
*パリスの審判:イリオス王プリアモスの息子パリスがヘラ、アプロディテ、アテナの三美神のうち誰が最も美しいかを選ばされるギリシア神話。これが発端となりトロイ戦争が勃発した。

昼夜の気温差が大きい気候と火山性土壌が生んだ特異なテローワル、スタッグス・リープ・ディストリクト。
スタッグス・リープ・ワイン・セラーズの畑が位置するのは、 カリフォルニアで初めにAVAに認定されたナパ南東部のAVAスタッグス・リープ・ディストリクト です。ネイサン氏はこの地がAVAに認定される以前からその独創的なテロワールに注目し、1961年に初めてカベルネ・ソーヴィニヨンを植樹。ナパにおいても優良なカベルネ・ソーヴィニヨンが育つことを証明しました。

ヴァカ山脈の麓に位置するスタッグス・リープ・ディストリクトは、 日中は温暖な一方で朝と昼下がりは海からの涼風が吹き込む、昼夜の気温差が大きい地域。 周辺のAVAであるヨーンヴィル、オークヴィルよりも収穫時期が2週間ほど遅いことによって、芯はありながらも質感の滑らかなストラクチャーを持つブドウが生まれます。
また、土壌は火山性の小石の混ざった痩せたローム土。
ヒルサイドほど岩が多く、表土の1mほど下には硬い粘土質の岩盤で構成されています。
これらの複雑な土壌が凝縮感のあるブドウを育み、土壌の滋味を蓄えた複雑味のあるワインを生み出すのです。

スタッグス・リープ・ワイン・セラーズのワインメイキングの哲学は
「 バランス、複雑性、そしてハーモニーを備えたワイン 」です。

畑の管理を行っている栽培責任者のカーク・グレイス氏は、 自然の力を応用した病害虫対策 における第一人者です。
畑を区画毎に管理し、畝間にその土地に最適な草を植えることで土壌の改善や益虫を集め、さらには小まめなキャノピーマネジメントにより風通しを良くし、畑の健全化を図っています。

2013年から醸造を任されているのは、ワシントン州最高の赤ワインとして名高いコル・ソラーレの醸造責任者のマーカス・ノタロ氏。
重力に沿って醸造過程が進むグラヴィティシステムを採用し、発酵時に出るブドウの搾りかすを取り除くなど、果汁に出来る限りストレスをかけない造りを心がけることで、ピュアな果実味と香りを最大限保持したワインを造り上げます。

S.L.V. Estate Cabernet Sauvignon 2015
S.L.V.はStag’s Leap Vineyardsの略で、最初にワイナリーが取得し1970年に植樹した畑で、パリスの審判で1位を取るという偉大な伝説を打ち立てた銘柄です。
区画毎に土壌差があり、東側の区画は火山性土壌で、ワインに構成力、ミネラル感や熟した黒系果実のアロマ、エレガントなタンニンを与えます。
西側は沖積土土壌で、生き生きとした果実味を与えます。
別々に醸造、新樽100%で約22ヶ月樽熟させた後、ブレンドします。

このワインは、タグにはNDEFを書き込み製造者のウェブサイトへ移動するようエンコードを行っています。
偽造防止の目的で設計された偽造防止ICタグであり、一度対象物に貼付した後、剥がそうとすると容易に壊れてしまうタグとなっています。
今、問題になっている高級ワインの詰め替えなど、再利用が絶対に出来ません。
※品質管理が厳しい正規品 ファインズ

95ポイント
価格
29,800円 (税込32,184 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1日〜3日で発送いたします。
残りあと1個です
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く